薄毛等に悩む女性の対策法

悩まないためのアイテム

かつら

今日、男性だけでなく、女性についても髪の毛のことで悩んだり、コンプレックスを抱えるケースが増えてきております。女性の場合も加齢や体質の変化により部分的または全体的に髪の毛が抜けてしまうことがありますし、脱毛症でもひどいものは髪の毛が全くなくなってしまう場合もあります。その他、抗がん剤治療等の副作用で髪の毛が一時的に無くなってしまう様なケースもあります。そのような場合に役立つのが、医療用かつら、もしくは医療用ウィッグを呼ばれるものです。医療用かつらは人毛が用いられるケースが多く、また総手植えで作り込みがされている為、一目見ただけではかつらとは分かりませんし、寧ろ「前より髪が綺麗になったね」などと言われるケースもあります。

選定する上での注意点

医療用かつらを選定する上で気を付けたいこととして、第一はなるべく自分の従前のヘアスタイルに近い髪形を選ぶという事です。特に抗がん剤治療のため、抜けてしまう時期の予測がつくような場合は、髪の毛が抜けてしまう前から医療用かつらを作っておいて、抜ける前から被っておくと、周囲の目線が気にならなくなります。第二は、通所新販売ではなく、直接来店してかつらを選定するということです。脱毛症で髪の毛が生える目途が立たないような場合には、長期にわたって医療用かつらを着用することになるため、被る部分が頭部にフィットし、かつ、自然なヘアスタイルになるよう、お店で調整してもらうのがベターです。医療用かつらの店舗では美容師が常駐していることが多く、ウィッグのカットなどもしてもらうことができます。長く使うものだからこそ、値段よりも自分に合ったものを選ぶ必要があります。